Google
WWW を検索 www.sen-ichi.com 内を検索

サラシア サラシアティー ダイエット 血糖値













スリランカ産サラシアレティキュラータについて





サラシアの原木からサラシア茶になるまで
サラシアの原木をサラシア茶にするためには、

伐採 ⇒ 裁断 ⇒ 乾燥 ⇒ 粉砕 ⇒ 熱処理

上記の工程を経て、ティーパック加工します。
乾燥までの加工はスリランカの工場で行い、粉砕以降の加工は熊本の工場で行っています。
原木の乾燥は機器による放射線乾燥などは行わず、約3週間天日干しを行います。
また、熱処理は200℃の熱で8分以上行います。
<製品加工は国内の有機JAS認証工場>

美健爽麗サラシアティーは、海外で製品化されたものではありません。
スリランカより直輸入した原料は、農林水産省の認定を受けた熊本県宇城市の有機JAS認証工場において万全の品質管理と厳しい検査の下で製品の最終加工を行い、美健爽麗サラシアティーが誕生します。

美健爽麗サラシアティーは、財団法人日本食品分析センターにおいて、以下の通り分析試験を行っております。

〔分析試験項目〕       〔結果〕

水分・・・・・・・・・・・100.0 g100g

たんぱく質・・・・・・・・0.1 g100g未満

脂質・・・・・・・・・・・0.1 g100g未満

灰分・・・・・・・・・・・0.1 g100g未満

炭水化物・・・・・・・・・0 g100g未満

エネルギー・・・・・・・・0 kcal100g

ナトリウム・・・・・・・・検出せず

ヒ素(AS2O3として)・ ・・検出せず

鉛・・・・・・・・・・・・検出せず

カドミウム・・・・・・・・検出せず

※沸騰水1リットルにティーバッグ1袋を浸し、5分間煮出した液について試験。

 ※試験成績書番号:第12038044001-01号 2012424


高コストパフォーマンス【1包で1リットル】
美味しい作り方と飲み方
?ヤカンに1リットルのお水を入れ、沸騰させます。
?沸騰したら、「美健爽麗サラシアティー」のティーパックを1包入れ、中火で5分ほど煮出してください。
(2リットルの場合は、2包入れてください)
?出来上がったお茶は、ホットでもアイスでも、お好みでお召し上がりください。

※冷蔵庫に保管する場合は、余熱を取ってから容器に移し替え、2日ぐらいを目安に、なるべくお早めにお召し上がりください。







サラシアの豆知識
<サラシア茶には煮出すタイプのものが多い理由>

サラシア茶に含まれる成分は、原料となる植物の細胞内に含まれるため、ヒトの体に吸収されるためには細胞壁を壊す必要がありますが、植物の細胞壁には胃腸の消化酵素では充分に消化できません。
ところが、乾燥したものを煮出すと、植物の細胞壁が壊れ、細胞内の成分がお茶の中に出てきます。
つまり、煮出すことにより成分がたっぷり含まれたお茶が出来上がるわけです。
これがサラシア茶に煮出しタイプが多い理由です。
<葉っぱの部分は使われません>

サラシアは葉の部分は利用されません。
他社のサラシア製品の広告では葉の部分の写真を掲載しているものも多く見受けられますが、サラシア製品においては葉の部分が使用されることはありません。
スリランカ産では「木の幹の部分」、インド産では「根の部分」が利用されます。

当倶楽部スタッフの実際の声
【代表 中山】
・甘さはないが、自然な甘味は感じる。匂いはない。土臭さが全くない。変に味を加えてないので美味しい味ではないが、食事の友としては非常に良いのではないか?

【梅原】
・味を見つけづらいが、思ったより美味しい。
ウーロン茶や麦茶の方が苦味がある。

【大木】
・苦味がない。「神果の物語」を入れて飲んでみたら美味しかった。
こんなに飲みやすいなら、普段のお茶代わりに飲めそう。






血糖値が気になる方に 【美健爽麗サラシアティー】
●内容量:90g(3g×30包入) ※30〜60日分
●原材料:サラシアレティキュラータ(スリランカ産)
価格 3,250円(税抜)

数量 

お支払方法などについて
次回からは割引購入できる!千載一遇健康倶楽部会員について



この商品を買った人はこんな商品も買っています


TOP当倶楽部の理念体の中から体の外から特定商取引に基づく記述お客様情報保護について



千載一遇健康倶楽部(株式会社アクセス マネジメント)
東京都品川区西五反田2-24-9 五反田Nビル10F
TEL:0120-831-083(年末年始を除き年中無休 AM9:30〜PM9:00)
FAX:03-5496-8796(年中無休24時間)


千載一遇健康倶楽部 Copyright (c) 2005 All Rights Reserved. 無断転載・転用・引用禁止